つくば市のうえの整形外科

外反母趾など足と靴の障害について|うえの整形外科

診察内容整形外科リハビリテーション科リウマチ科スポーツ障害外反母趾など足と靴の障害
院長あいさつ予防接種設備紹介地図・診療時間ブログつくば市のうえの整形外科トップへ戻る
足と靴の障害

つくば市の うえの整形外科TOP外反母趾など足と靴の障害

外反母趾を始めとする足と靴の障害の診察内容

  外反母趾一つでも程度は様々で、手術を行なった方もおられますが、多くの方は運動や靴の履き方選び方の指導で、歩行時の痛みなどが軽減しています。 
 当院では、外反母趾、偏平足、たこ・魚の目、リウマチなどの足の障害を治療していますが、シューフィッターの在籍する靴店からの患者さんの紹介や、逆に靴選びに関して、靴店に紹介することもあります。外反母趾等によって足に障害のある場合、一から靴をつくる必要があると思われる方は少なくありませんが、実際には多くの場合、信頼できるシューフィッターに合わせてもらえば、既成サイズの靴で十分です。

 ~ インソール(中敷)を作成しての保存療法 ~

 例えば外反母趾で、インソールを作成する場合、シューフィッターの指導が受けられる靴店で靴を購入していただき、火曜に再来院していただいて靴にあったインソールをつくることが多いです。
 患者さんの足と靴に 合わせ作成します。 インソールは、足の 三つのアーチ(縦内側縦外側)を支える 構造になっています。

 

うえの整形外科常勤の理学療法士による、外反母趾や扁平足の進行予防目的の運動指導も積極的に行っています。(診療所で理学療法士の指導が受けられる環境は貴重です)


巻き爪の治療

巻き爪の治療法例:超弾性ワイヤー(マチワイヤー)を用いた治療 (健康保険適応外のことがあります)
 治癒後ワイヤーは除去します。

外反母趾について

外反母趾のイラスト
外反母趾とは身体の中心線から見て、親指が「くの字」の様に外側に曲がってしまい、症状が進行すると痛みが出るようになります。大きな原因は足に負担のかかるあわない靴の使用だと云われています。


うえの整形外科BLOGBLOGにて臨時休診および整形外科治療においての情報を掲載しています。

整形外科リハビリテーション科リウマチ科スポーツ障害外反母趾など足と靴の障害
院長あいさつ予防接種設備紹介地図・診療時間Blogサイトマップつくば市の うえの整形外科TOP

ALL RIGHTS RESERVED. COPYRIGHT 2006 UENOORTHOPEDICS