つくば市のうえの整形外科

院長あいさつ|うえの整形外科

診察内容整形外科リハビリテーション科リウマチ科スポーツ障害外反母趾など足と靴の障害
院長あいさつ予防接種設備紹介地図・診療時間ブログつくば市のうえの整形外科トップへ戻る
設備紹介

つくば市の うえの整形外科TOP設備紹介

設備紹介【レントゲン撮影と放射線被曝】

X線(レントゲン)撮影の際の被曝線量についてのお話です。
放射線を受けることを「被曝」、受けた放射線の量を「被曝線量」といいます。そして地球上に生活する全ての人が、自然から何かしらの「被曝」を受けています。その自然放射線の被曝線量は、場所によって異なりますが、1年当たり1~10mSv(mSv=ミリシーベルト:被曝線量の単位)と言われています。平均は2.4mSvです。
放射線の影響による、発生が問題になる最小の線量(mSv)を記します。
がん:50~100
胎児の奇形:100 (胎齢3~8週の胎児が被曝した場合に、奇形の発生が問題になる)
不妊:2500~6000
皮膚の発赤:2000
なお、人では遺伝的影響は認められていません。

そして、主なX線撮影の際の患者の被曝線量(mSv)を記します。
(併記されている場合は成人男性/成人女性)
胸部X線撮影:赤色骨髄   1.17/1.14
肺      5.32/4.76
生殖腺    0.004/0.45
頭部X線撮影:赤色骨髄    0.2
生殖腺    0.01/0.01以下
腹部X線撮影:赤色骨髄    0.4
健康影響の発生する可能性のある最小の線量に比べて被曝線量が少ないことが分かります。
(参考:草間朋子「新人看護師に対する放射線教育」FB News No.354,P12~17)

日常の診察で、レントゲン撮影をすすめると被曝を心配されることがよくありますが、以上のデータより考えると、来院時の通常の撮影で、健康被害が生じることは理論上まずない、ということになります。ただしこれは、積極的にレントゲン撮影をすすめるものでは決してありません。こちらも必要性の少ない撮影はしないように心がけていますので、診察時に疑問や不安がおありの場合はぜひご質問ください。

うえの整形外科BLOG ← Blogにて臨時休診および整形外科治療においての情報を掲載しています。

整形外科リハビリテーション科リウマチ科スポーツ障害外反母趾など足と靴の障害
院長あいさつ予防接種設備紹介地図・診療時間Blogサイトマップつくば市の うえの整形外科TOP

ALL RIGHTS RESERVED. COPYRIGHT 2006 UENOORTHOPEDICS